味噌は災いのもと

83年生。高度不妊治療を経て双子(DD)妊娠中。飛行機で里帰り出産、戻ったらワンオペ育児予定。

D26(ET8) 助成金申請してきた

治療を始めて2年弱だけど、申請は初めて!

通算5年までしか申請できないから、可能であれば複数子どもを…って思ったらステップアップして5年なんてあっという間な気がしたからAIHのときは申請せず。

(その時点で数回AIHしてたけどかすりもしなかったから、このままいくとステップアップだよな…と覚悟して。AIHを何度もやって妊娠に至った人もいるけどそれは少数派。やっぱり1〜2回目が確立は高い。)

↑思ったより採卵は大変だったから、今より高齢&子育てしながらってできるのか??は疑問だけど、逆に産んだらもっと産みたくなる場合もあるかもじゃん?の期待を込めて。

貯金の全てをはたいて積極治療!とまではおもってないけど、今日のところまだ子だくさんの夢は捨ててない。

 

うちの市で(県の助成もあるけど所得上限があるので我が家は対象外)申請に必要なのは

■申請用紙(夫婦の署名捺印と住所、CLから金額や先生のサインなど。文書代はCLに3000円程度支払う)

↑支払い後でないと作成してもらえないので移植代を支払った日にCLに預けて後日郵送してもらった

■税金の滞納がないことの証明(市役所ですぐ取れる。申請者本人のもの。所得がない場合も必要。)

■振込先金融機関の口座番号等を書く紙

■領収書原本とコピーの両方(コピーは提出、原本には市役所で印鑑をもらう)

の4つ。

 

申請自体はすごく簡単だったのでまた次回もしっかりお世話になろうと思う。

(今回うまくいったとしても是非凍結胚あと2つもお迎えしたい)

戻ってくるのは治療費の一部だけど(30万円が上限)なかったらステップアップ、もっと躊躇してたと思う。

 

振込は1ヶ月程度かかるとのこと。

にしてもさすが年度末の市役所、健康づくり課はそうでもなかったけど1Fの転入転出のあたりはすごく混んでた。

 

気にしても仕方ないけど、移植から判定日まで折り返した。

カラダの中はどうなってるのかすごく気になる。