味噌は災いのもと

83年生。高度不妊治療を経て双子(DD)妊娠中。飛行機で里帰り出産、戻ったらワンオペ育児予定。

D18に移植してきた2/3〜ついに初移植

私は後ろの方だったので廊下からの物音で最初の人の移植が始まったのを知った。

 

お手洗いを済ませて(ちゃんともうすぐ呼ばれると声かけてくれる。逆にためておいて移植になるCLもあるが私のところは直前に済ませてくださいの指示)順番に手術室近くの待機室(AIHや採卵日と同じカーテンで仕切られてて前後の人と顔を合わせなくていい部屋)に車椅子で連れて行ってもらう。

おそらく点滴の位置を変えたおかげで前回よりも安定しててお手洗い行っても平気だった。(採卵日はチクチクしてた(´Д` )

 

この頃になるとウテメリンがしっかり効いてきて、動悸バクバク。

緊張のせいではないと思う。

 

名前を何度も確認されて手術室に入る。

(AIHや採卵同様いつもの手術室)

移植日は麻酔なしだけど脚はガッツリ固定される。

右上のモニターに先ほどの受精卵の動画が!!!!

 

初期分割胚だからってのもあると思うけど、想像以上に美形(O_O)

(↑顔ではないw)

ピントの問題もあるかもしれないけど、2つとも細胞も均一だしフラグメントも大きい画面で見てもほぼないように見えた。

今後の医学の発展のためになんなら教科書とかに使ってもらってもいいですよ?ぐらいの受精卵ナルシストになりかけたその時…

 

しっかり、かなりしっかりめに消毒されて現実に戻る(O_O)

(子宮に感染が起こると流産の原因になるから仕方ない)

移植自体はあっという間。

手術室にいたの、時計見てなかったからわからないけど5〜10分ぐらい?

そのまま手術台からゴロンとストレッチャーにうつ伏せに乗り、ナースさんに個室に連れてってもらった。

 

大変だったのはここから。

 

つづく。