味噌は災いのもと

83年生。不妊治療を経て双子(DD)妊娠中。

採卵はこわいものなのか?

個人的にはそうでもない。

通院中のCLでは麻酔で意識がない中行われるため。

(通える範囲で一番の実績だから選んだけど、これ聞いて尚更よかったと思ってる。無麻酔は私はこわい。)

 

でも採卵の夢を見た。

(やっぱ少しはビビってるのね…)

夢の中でも採卵前と後の記憶はあるのにちゃんと手術室の記憶はなかった。

なぜか麻酔から覚めたら両親がいた(΄◉◞౪◟◉`)

(治療のことは言う必要がないから一生言わないつもり)

 

自己注射がうまくいくかとか、時間通りの服薬を忘れないかとか些細な心配事はあるものの、寧ろ最先端の医療を受けられる好奇心の方が今は優ってる。

(お財布のことさえ忘れれば)

 

そして更なるアクシデントが(΄◉◞౪◟◉`)!!※夢です

アンタゴニストでしっかり刺激したはずが、期待したほどとれず。

ゼロではなかったものの受精卵となると更に減り、グレードは最悪。

↑ここは確かに最も恐れてるところかも。

一応移植までこぎ着けても、妊娠に至らなかった上にまた採卵からってパターンは結構苦しいに違いない。

 

一生に経験する採卵の数なんて少ないに越したことない。

できることなら一生に一度の採卵で兄弟まで目指せたら最高すぎる。

 

私が予定してるアンタゴニスト法での採卵は毎月はできないので(それなりに身体に負担がかかる)2月の採卵またはその後の移植がうまくいかなかった場合はGW付近で当面行けないかもしれない(毎年そう言ってるけど)海外旅行に行こうと思う。

今のところ候補はドイツ。(観光してRIMOWA買い足したい)

CLはできるだけ早く卒業したいけど、だめだったらの楽しみも用意しておくと心が少し暖かい気がする。