読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味噌は災いのもと

83年生。不妊治療とかその他興味あることとかいろいろ。自己タイミング40回以上×、タイミング②×、AIH⑦(途中から漢方併用)×、2017年3月よりIVF

2017 作ったおせちと来年に向けて

あけましておめでとうございます☆

厄年と大殺界が一気に終わって(大殺界は節分までだっけ?)非常に晴れやかな気分♪

 

今年は夫婦2人だけで家で過ごしたのであれこれこだわらずに好きなものだけ手作りお節を用意しました。

以下作ったもの(切っただけ、焼いただけも含む)

 

・柚子なます

酢は入れずにふるさと納税で頂いた柚子を絞って

・菊花かぶら

ここでもふるさと納税でいただいた蕪

・出汁巻玉子

・蒲鉾

・八幡巻(鶏モモ)

・鰤

特大の鰤カマを購入。塩焼きでレモンとお醤油と大根おろしで食べる。

・手綱こんにゃく

・最中椎茸とごん棒

こちらのレシピで→https://touch.allabout.co.jp/gm/gc/188159/

おまけのはずのごん棒が個人的にはそれだけ作りたいぐらい好きだった。エビの割合を多くしたものも作って試してみたい。

・栗きんとん

ふるさと納税のさつまいもと11月頃早めに買っておいた国産栗の甘露煮で。芋のアクは半日かけて抜く。食べる前に涼しい場所で戻す以外は冷蔵庫なのでお砂糖は控えめに(元のレシピの半分以下)。色付けはターメリックで手軽に(ちょっと入れすぎた。そして真っ白のボウルを染めた…(΄◉◞౪◟◉`))

・お雑煮

 

□よかったこと

・31日からでも間に合う品数だったけど出汁だけは30日のうちに準備しておいたこと(と言っても冷蔵庫で昆布から水出しして簡単に)

・お節は全く作らない年も夫の好物の栗きんとんだけは毎年作るので味や微妙なテクスチャー(水分は余熱で飛ぶから飛ばしすぎならい)など随分夫の好みに作れるようになったこと

・続けて作業すると疲れるので合間にホットサンド食べたりケーキを買いに行ったりゆるく作業できたこと

・大晦日に新鮮な鰤とあまおうと紅まどんなが買えたこと

 

 

黒豆や煮物系は夫はあまり食べないので作らなくなった。

一緒に過ごすメンバーが変わればまた変化していくとは思うけど、基本お節っぽいものがあまり好きではない夫…(わからなくもない。私もピザや中華が食べたくなった)

ま、今のところ大人2人世帯だし仕事の関係でお正月らしいお正月がないこともあるのでこだわりすぎずに夫婦で楽しい時間を過ごせるのが一番ですね。

 

□次回おせちに向けて

・夫と2人であれば厳選の好きなものだけをより好みの味になるように精度を上げて作る

・1品ぐらいは新作で冒険する

・お正月に入ってから近くの和菓子屋さんでより立派な栗の甘露煮を見つけてしまったので年内に手に入るのであれば次回はそれで栗の割合多めで作る

・蒲鉾は近くの街中のスーパーで良さそうなのを買ったけど大好きな長崎のまるなか本舗(同じく長崎の杉永蒲鉾もおすすめ)の足元にも及ばない感じだったので来年は取り寄せる

・大掃除は11月に終わらせる(最終的には大掃除のいらない暮らしが理想)

・来年すぐにでなくていいけど重箱を持っていないのできちんとしたものを揃えたい(いつかね!)