味噌は災いのもと

83年生。高度不妊治療を経て双子(DD)妊娠中。飛行機で里帰り出産、戻ったらワンオペ育児予定。

我が家のクリニック選び

田舎なのでそもそも選択肢は3つと少なめだった。

(はじめから不妊治療専門で最終治療までできる医療機関で探した)

 

1つめは病院。(車で30分程度)

夫の知人が多く勤めてる。

守秘義務うんぬんとはいえ精神的負担が大きいので却下。

(あとから分かったけど採卵時に無麻酔?私イタイノヤダ)

 

2つめは近くのCL。(車で15分程度)

近いのはいいけど症例数少なめ。

ネットで口コミなどを見ると結局転院した等もあったので第一候補から外れる。

 

3つめは少し遠い超有名CL。(高速を使えば通勤時間帯でも40分程度)

欠点は待たされる。(当時は知らなかったけど外来はもちろんのこと初心予約も。説明会の予約も早め必須。)

先生は1人体制なので時間の融通面はとにかくこちらが合わせる必要あり。

症例数はダントツ。(CLによってデータの取り方が微妙に違うので成績は比較しづらいけどおそらく3つの中ではかなり良い)

プライバシー面も最も安心と思われる。

2つめのCLからここに移るぐらいならもうこっちが話は早い。

ここでだめなら東京まで3時間かけて通うとかしか選択肢がないがそこまでは考えてない。

 

という感じで消去法であっさり決定。

田舎とはいえ通える範囲内に超有名CLがあったのはラッキーだと思う。

(妊娠すればの話だけど)

 

選択肢が多くある人や迷う人は説明会に行ったり、外来の受付時間(午前のみのところから一日中のところまである)、担当医の数(多けりゃいいとは思わない)なんかも参考にしてみたらいいと思う。 

それから採卵時に麻酔はするのか、排卵誘発法なんかも余裕があれば。

 

 

でもここからが長かった。

治療(その前に検査しないことには治療開始できるかも不明なのでとっとと行けばよかった)を受ける決断に時間がかかったというのに電話したら3ヶ月待ち。(現在はさらに待つらしい)

検査もアクシデントがあったり、休診期間(1人の先生が責任を持ってみてくれる分お休み期間がある)があったりで実際の治療開始はCLに初めて電話した日から 半年以上後だった。

検査や説明会の後でも治療を始めるかどうか考える時間は充分にあったから有名CLを検討中の人はそれでもありだと思う。

自由診療だし、当然無理な勧誘的なものは一切ない。

 

■関連記事

nana77.hatenablog.jp