読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味噌は災いのもと

83年生。不妊治療を経て双子(DD)妊娠中。

32歳の服選び

■服装は年齢やライフスタイルで大きく変わると思うけど今のところの考え

・準プチプラをうまく使う

green label relaxingやLEPSIMあたりの服。

◯ニクロで若者とかぶると辛い。

甘めのプチプラは厳しい。(MISCH MASCH、ロペピクニックなど)

・差し色は基本的にカーディガンのみ

流行ど真ん中な色を春夏、秋冬で着たおす

コートやワンピースなどで取り入れると面積が大きすぎるし、ボトムスにもってくると着回ししずらいから

ストールも少しだけ色物所有

・カーデのインナーはホワイト〜アイボリーの顔映りが良くて仕事にも使えるものを ごくたまに黒も着る

アプワイザーリッシェやジャスグリッティーのアンサンブルは未だに買う

・ボトムスはそこそこお金をかける

1〜2万円程度

値段はプチプラの2〜3倍でも全身の印象がグッと格上げされるため

仕事も私服なのでベーシックなスカートは自信を持って履けるものを選ぶ

・コートもヘビーユースだし長く使うので素材も形も良いものを 寒冷地なのでロングダウンは必需品だしコートの類は年の半分以上着るため

・秋物、暖かくないニットは買わない

これも寒冷地だから

夏が終わったらすぐに冬なので秋物の出番はほぼない

素材を間違うと見た目はもこもこなのにちっとも暖かくないという現象が起きる

準プチプラでもウールやカシミヤを選べば車移動中心の生活なのでヒートテックの類は必要なし

・夫の評判が悪そうな服は買わない

夫は私のファッションに言及するタイプであるため

こんなところで機嫌を損ねていても仕方がない(たまに悪趣味なアイテムも見て楽しむ)

・着心地の悪すぎるアイテムは買わない

苦痛だしドレス等以外はちょっとした家事ぐらいはすることもあるため

・楽なだけのアイテムも買わない

おばさんぽいと夫から即座に苦情が

何より自分の気分も下がってメリットがない

・バカンス専用のアイテムをいくつか持つ

普段は封印。国内では着づらい柄(マキシスカート等)やカラーアイテムを旅先でマダムになった気分で身につけると違う人になったみたいで楽しい。普段の服と分けることで最高の気分転換になる。

・基本的にホームクリーニングできるアイテムを選ぶ

お店の人にも手入れ方法を必ず確認する

・きちんとしたワンピースはS/S、A/Wそれぞれ持つ

たまにちゃんとしなきゃいけないところにも行くしスーツよりTPOの幅が広い。

何よりコーデいらずだし。

 

毎日ほぼ同じ服でも抵抗ないタイプさなので(寧ろ好きなものは毎日でも着たい)コート以外は少なく持って上手に入れ替えていくのが理想かな。